富山中央青果株式会社のホームページへようこそ!!

 

オススメ入荷情報

 
フォーム
 
2019/5/2  産地・長野より、グリーンリーフ、サニーレタス、入荷中!
2019-05-02

街にハナミズキが咲きほこるのを見ると、季節の変わり目を感じますね。

とゆうわけで、今週ご紹介する品目は、グリーンリーフとサニーレタス。

市場に葉っぱモノがモリモリ入荷してくると、春の終わりと、いよいよ初夏の始まりを感じるところです。

 

これからキャンプやBQの季節。芝生の上、森の中で、葉っぱモノは、サラダや焼肉にかかせませんよね!グリーンリーフもサニーレタスも柔らかくて、肉を包んで食べるのにイイですよ~

 

担当部長より一言「鮮度ばつぐん!これから安定入荷します!たくさん食べてね!!」

生育期間の短いレタス類は、天候に大きく左右されます。

晴れの日も雨の日も、めげずに担当部長は必死に売っていくのみ!いけ~

 
2019/4/26 地場野菜・富山白ねぎでBQでしょ。
2019-04-26

富山県内で生産されている野菜の中で、最も販売金額が大きいのが白ねぎ。

県内ほとんどの農協で、水田転作として生産・出荷されています。

 

ねぎの最盛期は10~3月ですが、春のこの時期にいち早く出荷される白ねぎは、柔らかいのが大きな特徴。

「富山白ねぎ」というブランドとして、県外へも多く出荷されています。しまりがあって甘いと、市場でも評価が高いんですよ!

 

鍋にラーメン、ネギまにタコ焼き、納豆や冷ややっこの薬味に、1年中需要の高い野菜が白ねぎです。

ねぎの前担当者のオススメが天ぷら!現担当者は丸焼きをイチオシしました。

揚げても、焼いてもおいしい富山白ねぎ。お2人とも、あふれんばかりのねぎ愛ですな。

ごちそうさまです。

 
2019/4/18 新川きゅうり 入荷しました!
2019-04-18

トマトに次いで流通金額が多い重要野菜がきゅうりです。

昭和50年から栽培が始まった新川きゅうりは、現在は主に入善、朝日町、魚津市で栽培されています。

 

みなさん、ご存じの通り、きゅうりの本来の旬は夏です。

4月下旬に出てくる新川きゅうりは、ハウスを加温することによって生長を促成して作ります。

 

きゅうりは利尿作用があり、老廃物を排出する働きと、体の熱を外に逃がすなどの効果があると云われています。

サラダや浅漬けなどによく使われるきゅうりですが、炒め物もいけますよ。

 

立山連峰の雪解け水をすくすくと吸い上げて育った新川きゅうりは、市場でも評価の高い品目です。

冷たいジョッキビールともろきゅうでポリポリする季節が待ち遠しいですね!

 
2019/4/8 春の主役・タケノコ
2019-04-08
ただいま、タケノコは最盛期を迎えています。
主に、熊本、福島、徳島から、続々と市場に入荷中です。
今年は小ぶりのものが多いということです。
 
松川の桜が咲き誇る時期、花見のお供といえば、やっぱりタケノコ料理!
柔らかい先端は和え物に、中央部は煮物に、硬い根本は薄切りにして炊き込みご飯に… 
部位によって食べ方いろいろ!お酒に合いますよね!
 
購入後は、すぐに下茹でするのがおススメです。アクが抑えられます。
 
今しか味わえない、新鮮な春の味覚・タケノコ、本日のお買い物にお一ついかがでしょう?
 
10/13 新川大根
2017-06-13
魚津産 新川大根はじまりました!

みずみずしく柔らかくおろしでは程よい辛味がたまりません!
11月が出荷のピークに入りますので皆さんよろしくお願いします!
 
 
6/4 馬鈴薯
2018-06-04
JA鹿児島いずみの馬鈴薯「ニシユタカ」です。
 
続々入荷していますので、
ご賞味ください!!
 
12/22 にんじん「へきなん美人」
2017-12-22
愛知県碧南市の人参、「へきなん美人」が只今絶賛入荷中です。
 
「へきなん美人」という名前のとおり姿・形がキレイなにんじん。
 
きめが細かく、柔らかで、食感がいいので、サラダやジュースにして甘みを味わっていただくのがおススメ。
冬の寒い季節は、さらにニンジンの甘みが増すので、煮物に使うと味わいが深まります。
ぜひご賞味ください!
 
 
10/10 新川だいこん
2017-10-10
JA魚津 新川大根の出荷はじまりました!

今年は9月天候悪く生育遅れ気味で心配でしたが品質も良い大根の出荷となりました!
今月は気温もやや高めの予想としていて太りも良く2L中心の入荷の見込み!

みずみずしく柔らかで煮物にしても良し!
おろしでは程よい辛味がたまらなく!
ポン酢等でサッパリサラダ!あと千切りした大根のかき揚げも美味しいですよ!
あとは薄くスライスした大根のしゃぶしゃぶをお肉と挟んで食べると最高です!

11月が出荷のピークに入りますので皆さんよろしくお願いします!
 
 
7/25 入善ジャンボスイカ
2017-07-25
長さ40cm、直径30cmのジャンボスイカは、平均で15~18kgの重さがあり、大きいもので25kgにもなります。
 
皮がやや厚く、ワラで編んだ「さん俵」で梱包されています。
 
本年は、5月の低温により、前年よりも遅れ気味の生育状況であり、8月上旬がピークになると予想されています。
 
 
7/24 黒大豆枝豆「富山ブラック」(JAいみず野)
2017-07-24
    ↑ 新鮮おいしい「富山ブラック」           ↑ 私達が作っています。
 
 
射水市産 黒大豆枝豆「富山ブラック」
JAいみず野では、主穀作経営体の体質強化のため園芸作物の導入を推進しており、平成17年からえだまめ栽培に取り組んでいます。それまでの大豆栽培のノウハウを活用し、えだまめの作付面積を少しずつ増やしきました。他県産との差別化を図るため、流通量の少ない黒大豆「たんくろう」という品種が主力となっています。射水市産の黒大豆枝豆「富山ブラック」は、甘みが強くコクがあるのが特徴です。
 
収穫から販売まで鮮度を維持
えだまめは鮮度の落ちやすい品目なので、急激な温度変化に伴う品質劣化が激しく、鮮度を保つためには、収穫から販売までの過程で周辺の温度を一定に保つことが重要です。JAいみず野では、気温が低い早朝に収穫することで、温度変化を抑え、さらに集荷したえだまめを予冷することにより、品温を低温に保ち鮮度が落ちないようにしています。
 
「一億円産地づくり」の戦略品目に
平成22年からは、富山県でスタートした、販売金額一億円の大規模園芸産地づくりを目指す「一億円産地づくり」の戦略品目としてJAいみず野では「えだまめ」を選定しています。
 
新鮮なえだまめを、是非ご賞味ください。
 
qrcode.png
http://maru-tcseika.co.jp/
モバイルサイトはこちら!
--------------------------------
047526
<<富山中央青果株式会社>> 〒939-8212 富山県富山市掛尾町500番地 TEL:076-495-2111 FAX:076-495-2139